コロナ対策 自己免疫力

f:id:Guutaranebosuke:20200405114947j:plain

コロナウイルス

新型コロナウイルスによる肺炎が大流行している。

どうにも防ぎようがない緊急事態だろう。

新型コロナウイルスの犠牲になってしまった人達に心からご冥福をお祈りいたします。

そして残された者たちは、尊い命の犠牲を無駄にしてはならない。

しかしながら、未だ解決策は見つからず、どれだけ気をつけていても感染リスクが0になる事はない。

歴史上で世界的パンデミックを起こしたウイルスはいくつもあったが、これだけの威力を持った新型コロナウイルスは史上最悪のウイルスになる可能性がある。

これから世界大恐慌となるのは避けられないだろう。

如何なる未来が待ち受けていようとも、生きていれば明日は必ずやってくるのである。

厳しい状況になろうとも、私たちは生きていかなければならない。

これからどう生きるべきか私自身模索しているのであるが、やはり健康が一番大切だろう。

どんな状況でも心が折れたらそこでおしまいだ。

少しでも心が折れないように色々と書いてみたい。

私の考えが良くも悪くも誰かの参考になればありがたいと思っている。

 

人間は何のために生きているのか

f:id:Guutaranebosuke:20200405123851j:plain

そもそも一般的に私たちが認知している歴史のずっと昔、人間が誕生した時はどんな感じだったんだろうか。

たぶん今よりも頭が悪くて本能だけで生きていただろう。

しかし地球にとっては食物連鎖の流れが出来ていたかもしれない。

人間が木の実などを食べで排泄物を出して、それをバクテリアが分解し土地を肥やす。

秩序や教養などは全く無かっただろうが、ただ生きているだけで役に立っていたかもしれない。

現在は自分が何のために生きているのか、何ができるのかを考えなければならないのだ。

才能が有るとかお金が有るとか、何かができるとかできないとかで優越が決まってしまう事が多い。

あなたはただそこに生きているだけですばらしい!

と認めてもらえる社会では無いのだ。

みんなそれが当たり前だと思っている。

本当にそうだろうか。

ひとりひとりが大切な命のはずだと私は思うのだ。

 

問題

f:id:Guutaranebosuke:20200405122232j:plain

そうは言うものの現実は甘くない。

人間が他人を侵害するからだ。

他人より良い物が欲しい、他人をバカにする、自分さえ良ければ、などなど・・・

その時代や土地ところの価値観で互いを憎みあってきたのだ。

これが個人的な事から集団になり、やがては国家同士の問題となって、人類は戦争を繰り返してきた。

悪気は無くても誰かを傷つけてしまう事もある。

その責任をどう果たしてくれるんだと言う主張もあっただろう。

何事にも小さなイザコザはつきものだ。

互いに歩み寄り同じ失敗を繰り返さないよう、手を取り合って新しい未来を構築するのが一番良い。

しかしほとんどの人はそんな事は考えない。

相手に責任を押し付けたいのだ。

自分には非は無いし悪くないのだと。

そういう物の考え方をするのだ。

ようは考え方や感じ方、心が変われば良いわけだ。

 

目には見えないが


How Bacteria Rule Over Your Body – The Microbiome

人間は大昔からある物と共生しているのだ。

それはバクテリアだ。

人間の体内にいるバクテリアが、人間の行動に影響を与えていることが最近の研究で明らかになっている。

数百万年前に、人類はバクテリアと共存するという道を選び、バクテリアと親密な関係を築き上げてきた。

例えば、赤ちゃんが飲む母乳は、バクテリアを成長させる役割を果たしている。

そしてバクテリアを育てたり、他のバクテリアを働かせるようにしたり、免疫システムを安定した状態に調整したりする。

また、バクテリアは脳にアラームを発して、免疫システムが外敵をやっつけるように仕向けているのだ。

その中でもバクテリアが悲しいという感情や知性に関係しているという事を示唆する研究結果にも注目したい。

健康なネズミに、うつ状態の人の細菌を与えると、不安の感情を出したりふさぎ込んだりする事がわかったのだ。 

さらには、2017年に発表された研究で、体内に取り込むバクテリアの種類によって、言葉の発達に差が出る事もわかった。

何を食べるのかをバクテリアが決めているという研究も出されている。

健康的な食べ物を食べれば食べるほど、健康的な食べ物を好むバクテリアが増えるし、その逆もまたそうである。

バクテリアが肥満や癌やパーキンソン病などの重大な病気に関係している事もわかっている。

以上のことから、私たちの日常生活にバクテリアは多大な影響を及ぼしていると言える。

運命をより良い方向に進めるためには、体内環境を整え、自己免疫力を高める事。

そして心を良い状態に置いておく必要があると思うのだ。

 

前向きに

f:id:Guutaranebosuke:20200405123416j:plain

よく考えてみて欲しい、家から職場まで後ろ向きで歩いていく事は難しい。

そう考えると人生も目的地まで前向きに進んでいく方が簡単なはずだ。

病は気からとも言われている。

いつも前向き歩いて行ける環境を、まずは体内から整えていく事が肝心なのだ。

そうしていく事で物の考え方や感じ方が柔軟で前向きになるはずだ。

そして時には立ち止まり、後ろを振り返る事も大切だ。

こんな時だからこそ何かを変えるきっかけになるはずだ。

今やるべき事をし、やるべきで無い事はやらない。

そして今しかできない事をするのだ。

明日は我が身かもしれない。

後悔がないように今を精一杯生きよう!